カテゴリー

Blog記事一覧 > 応急処置,腰痛 > ご存知ですか?ぎっくり腰の時の過ごし方

ご存知ですか?ぎっくり腰の時の過ごし方

2017.09.27 | Category: 応急処置,腰痛

腰に激痛が走って動けなくなった時の過ごし方はご存知ですか?1日中寝て安静にしていることが良しとされていたのは10年前のことです。ぎっくり腰になった時の正しい過ごし方についてまとめてみました。

『ぎっくり腰(急性腰痛)になった時の過ごし方』について

こんにちは

先週、寒河江まつりで神輿を担いで全身筋肉痛で特に腰の痛みに苦しんだ 寒河江市栄町のあびこ整骨院・整体院です。

ぎっくり腰は急性腰痛って言います

1年を通してあるのが、ギックリ腰

・漬け物を作っていて漬物石を移動させて

・家の片づけをしていて重い荷物を持って

・不意にくしゃみをして

最近ぎっくり腰で来院される方が増えています。今のところ、動けないほど重症な方はいないのでホッとしてますが…

ぎっくり腰は別名「魔女の一撃」とも呼ばれるほど、魔法を掛けられたかのように激痛で急に動けなくなってします。

痛めた状況や症状によって対処に仕方が変わってきます。

ぎっくり腰というのは、急に腰が痛くなったもの全般をさしています。MRIを撮ってみたら、ヘルニアや脊柱管狭窄症だったということも少なくありません。

大抵のぎっくり腰は1週間もすれば良くなっていきますが、下肢のしびれや感覚異常、おしっこが出づらかったり、排便が困難な場合は神経症が障害されていることがあるので至急病院を受診して下さい。

安静にしていれば治るは間違い

今でもよく耳にするのが、

「安静にしましょう!」というフレーズ・・・

“ギックリ腰になったら絶対安静”

この定説が最近になって覆ろうとしています。

受傷直後は、もちろん安静が良いのですが、痛みのピークが過ぎたら痛みが残っていても、普通に生活した方が治りやすいという研究結果も出ています。

ヨーロッパの多くの国の腰痛に関する治療ガイドライン、そして日本の最新の腰痛診療ガイドラインを見ると、

腰痛になった際に「安静にしないこと」が勧められています。

特にベッドで安静に横たわることを勧めず、患者を安心させて、できるだけ動くように指導しています。

痛みが強すぎて動けない場合は往診もしていますので、日曜日・祝日も診療している寒河江市栄町のあびこ整骨院・整体院にご連絡ください。

 

スポーツでのケガ、交通事故でのケガ・むちうち、その他の身体の不調などは休日(日曜日・祝日)も診療している寒河江市栄町のあびこ整骨院・整体院にご相談下さい。専門家への相談サポートも行っています!

お問い合わせ:0237-85-1288 

24時間365日対応 交通事故&スポーツ外傷 急患ダイヤル

  090-5188-5351(院長直通)

最近はLINEでの相談も増えていますのでご活用下さい。ID:@abi-kotsu

*寒河江市栄町のあびこ整骨院・整体院の来院地域*

寒河江市 河北町 大江町 西川町 朝日町 中山町 山辺町 山形市 天童市 東根市 村山市

お気軽にお問い合わせください!

アクセス情報

所在地

〒991-0034
山形県寒河江市栄町1-26

駐車場

3台あり

予約について

メール予約・電話予約が可能です。
平日12:30~14:30の専門治療コース
早朝テーピングはLINE予約、メール予約、電話予約が可能です。

休診日

火曜日
土曜午後・祝日午後